観音像を新設しました

IMG_4410

 

寿翠観音

~じゅすいかんのん~

 

平成23年3月11日に発生した未曾有の大震災は、

私たちが幼い頃から歩いてきた道を

私たちが小さな頃から見続けてきた景色を

私たちが少し歳を重ねて気付くことが出来るようになった世界を

 

P1070751

 

そして

私たちが あの頃 描いていた想いを

私たちが 今 大切にしている思いを

そう

たくさんの大切なモノとココロを奪いました

 

P1070759

 

当寺においても  5年の歳月が流れた今もなお 多くの爪痕を残したままです

その一つとして

参道を歩きご参詣に来られる皆さまを ずっと見守り続けてきた

先代の住職が建立した身丈12尺(約3m60㎝)の聖観音石造が倒壊致しました

 

P1070769

 

今般 5年の歳月をかけ

やっと この穏やかで すべてを包み込んでくれるような

そんな温かなお顔をお持ちの観音さまに巡り合うことができ

先代住職の命日である6月15日に新設致しました

 

P1070766

 

『今日 お寺の観音様は笑っていたよ』

『今日は とっても悲しい顔をしていたよ』

お寺に おそらくは 誰よりも来られていたお檀家様のお言葉です

 

P1070781

 

数年前にお亡くなりになられ

ご遺族の方より お聞き致しました

 

P1070789

 

今でも そのお言葉を片時も忘れたことはありません

私が10代の頃に先代そして先々代が目を落とし

その後 高校大学を卒業し

ご本山で修行を致し お寺に戻り住職になり 15余年の月日が流れました

 

P1070785

 

私のような若い住職に 本当に大切なことを教えてくれるのは

いつだって お檀家の皆様

私たちが この世に生を享け

親からは愛を

少し歳を重ね学校に通うようになり

先生からは教育を

先達からは礼節を

友人からは思いやりを

そして

ひとつひとつシワを重ねながら

私たちは たくさんの人たちと出逢い 別れ

私たちは 多くの人々と共に笑い 悲しむ

 

P1070800

 

人生には 悩み 苦しむことだってあります

でも それは

『今』 ひとり だから

 

P1070792

 

そんなときは

そっと 自分の胸の深いところに訪ねて頂きたい

きっと そこには いつまでも色褪せることがない

『誰かと過ごした想い出』という素敵な宝物があるはず

私たちは そんな素敵なモノたちに

いつもキレイなお花を供えなくてはいけません

 

P1070793

 

自分がひとりで

どうしても 苦しくて仕方がないときは

ここに来て頂きたい

仏さまは そして この観音さまは

いつも 変わらず あなたを見守り続けてくれています

今 あなたの心の色は 何色ですか?

・・・

この新しい寿翠観音が 皆さまの心の拠り所となって頂けることを

心より願って止みません

 

IMG_4416