観音石像

 

 CIMG1318

 

観音石像

平成2年に先代住職が

本堂改修事業竣工を記念し建立した

身丈12尺(1尺=30.303cm)の御影石の観音さま

東日本大震災大震災により 倒壊しました

その後 補修し大きさは半分になりましたが

震災により全壊し移設した傾斜地にあった旧墓地に庭園を作り

最上部に移設し さらには納骨堂を新設し

現在は永代供養塔として

移設した平地のバリアフリー化した新墓地を見守っております

近年 ちまたでは 樹木葬が注目されておりますが

当寺では 四季折々の木々や花々が咲き乱れる環境の中で

永年に渡り

ご先祖さまに手を併せることが出来る場所が必要であると考え

納骨堂を備えた樹木葬を行っております

詳しくは 『永代供養のお申し込み』 をご参照下さい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。