ごあいさつ

 ごあいさつ

 

身是菩提樹 心如明鏡台

時々勤払拭 莫使惹塵埃

 

この身(からだ)は菩提樹のように尊い悟りの木であり 心もまた鏡のように清浄なもの(明鏡台)だ

それ故に日々拭ききよめて塵が積もるようにしておかなければいけない

 

元来、寺院は仏法を学び信仰の実践を行う道場であり、

また、戦時中『寺子屋』と呼ばれたように、教育の場であり、

あまたの人々が集う地域の中心的な役割を果たして来ました。

しかし、現代、皆さまは、寺院を住職をどのようにお考えでしょうか。

 

菩提本無樹 明鏡亦非台

本来無一物 何処惹塵埃

 

悟りといっても 身心のどこを探しても そこに菩提の木があるわけではない

明るい鏡といったとしても 心に台があるわけでもない

菩提とか明鏡とかいったものがあり得よう

本来は何もありはしない

ありもしないところに どうして塵が積もるものか

 

私が敬愛する慧能大師の詩です。

また、私が好きな本のひとつに世界中の誰もが知る『星の王子さま』の中に

このような一節があります。

 

星があんなに美しいのも 目に見えない花が1つあるからだよ

砂漠が美しいのは どこかに井戸を隠してるからだよ

 

『オモイ』には、色も形も匂いもありません。

しかし、人は そのような大切で温かい『オモイ』に触れることが出来たとき、

感動したり、頬を伝う涙があるのだと信じております。

本当に大切なものは、目に見えないものなのかもしれませんが、

私はその大切なものをひとつひとつ『カタチ』に、目に見えるものにしていくことこそ

1人の僧侶としてばかりでなく、1人の人間として歩むべき道であると考えております。

 P1030296

両親の温かな愛情により、この世に生を享け、

先達の細やかな教育により、この世で生を育み、

同志の柔らかな友情により、この世で生を分かち合い、

この日本という恵まれた国で、私たちは今を生きています。

 

歴代の祖師たちが築き上げてきた素晴らしい教えを胸に刻み、

この情報化社会の中で失われつつある信仰の種に実りをもたらす心の拠り所』として

様々な人々が目に触れることが出来るような『カタチ』ある場であることを、

数多の人々が訪れることが出来るような『カタチ』 ある場であることを、

心より祈念致し、当寺のホームページ開設のごあいさつに致します。

 

曹洞宗 渓谷山 保寿寺 第22世住職 伊藤孝裕